Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

-

そもそもJASPとはどんな団体なのか


こんにちは

このブログの運営団体のJASPってそもそもどんな団体なんでしょうか?

僕はJASPが設立されたはじめのほうから所属していたので、すこし説明させてください。

Japan
All
Students
Project

全国学生プロジェクト

略してJASPです
詳しくはHPを!
なんて投げやりな言い方しても品がないので。。


JASPができたキッカケは福島のある1人の学生が、2011年の夏あたりに福島を出て九州とかを旅行していた時に

「まるで福島のことがTVのなかの出来事だ。このまま震災・原発でダメージを受けた福島は忘れられてしまうんではないだろうか」
と感じたことがきっかけです。

そこで、その男
「んじゃ、全国の学生巻き込んで福島に目を向けさせよう」と考えたわけです。

考えるだけなら誰でもできるんですが
それをカタチにしたのがJASPです


男に誘われて、全国の学生を巻き込もうと共感した福島の学生たちは考えました。
巻き込むって言っても、単純に「来て!」って言ったってそんな簡単に来るもんじゃない


んで、学生たちは
「じゃあ、俺らがまずは日本全国を回って福島に目を向けさせよう!」
って言って行動するんですね。
これが『日本一周たすきリレー』です

全国でたすきリレーをやるって言っても、協力者が必要なので
学生たちはつながり、各県にJASPの支部ができました。


たすきは2本に分けられ、1か月かけてそれぞれ日本海側と太平洋側を経由して2012年3月11日に福島県福島市で1本につながりゴールしました。
この時行われていたのが、福島市で過去最大規模のイベントになった
『復興・鎮魂イベント』です

リレーでは1000人以上のランナーを
イベントでは1万3千人近くの人を巻き込みました。



このイベントは間違いなく福島にインパクトを与えました。
学生のつながりのパワーを見せつけ、発信しました。
会場は大盛り上がり。

たすきリレーがゴールするあの瞬間。
あれほどの盛り上がりを私はこれまでの人生で見たことがありません。

みんなで黙とうを捧げた、あの時間。
みんなが心を一つになっている時間でした。


JASPは
福島に対して、「全国からこんなにも学生が福島に目を向けているんだ。
忘れられてなんかいないんだ。あきらめずに、頑張っていこう」というメッセージを発信しました。

全国から来た学生に対して「福島は終わっちゃいない。パワーもあるんだ。もっとずっと目を向ける価値があるだろう」

というメッセージを発信することができたと思います。


これが、昨年の11月にJASPが発足してから
3.11まで行ってきたことです。

HP↓

そして、今は何をしているのか、次のブログで書きたいと思います。



(文章:テツ・福島)


  • 2012.07.11 Wednesday
  • 03:29

-

スポンサーサイト

  • 2014.07.10 Thursday
  • 03:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment