Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

-

【いわきで出会った男たち】第2回現地リサーチ報告

  
こんにちは!
いわきツアーチームのまなみんです!
 
さて、いわきへ2回目の
現地リサーチに行ってきましたよー!

かんちゃんさんが体調不良のため(+o+)
えりー、まなみん、哲朗さんの3人で行ってきました!

がんばるぞー!(えりー)



まず、市内の水産漁業についてお話を伺うため
いわき市役所の水産振興室へ行ってきました。

去年と今年の変化についてお尋ねしたところ、
『9月から試験操業が始まること』
とのお答えをいただきました。

去年からそんなに多くの変化は
なかったということでしたが、

いわきは確実に前へ進んでいるなー
という印象を私自身は感じました。

“少しずつ”でも進んでいくことは大切なんだろうなー


続いて「丸貞かまぼこ」さんへ。

アポイントメントを取り忘れるという
ハプニングもありましたが。。。

なんとか行くこができました。
アポの電話をしてくれた哲朗さん


急だったのにもかかわらず快く受け入れてくださった
丸貞かまぼこの小野さんありがとうございました(>_<)
 
そして私たちは幸運なことに午前中に作ったばかりの
出来立てのかまぼこを食べさせていただけました!


『おいしいー(^○^)!!!』


できたてのかまぼこはほんのり温かく、
とてもおいしかったです。
 
 
お客さんからの『おいしい』の一言が
工場を続けられる原動力だ、と小野さんはおっしゃいます。

これからもたくさんの人にいわきの
おいしいかまぼこを食べてもらいたいなー。
 

続いて水産会館でいわきの漁師さん
10人とお会いしてきました。


大勢の漁師さんを相手にするということで
前回の現地リサーチの時にも増して、緊張するえりー。

ツアーに向けての具体的な話し合いを
1時間程度させていただきました。

「いわきで魚が獲れなくなっても
誰も困っていないことが悲しい」

漁師さんのこの言葉がとても印象に残りました。


それでも、漁師さんたちからは
ツアーに向けて前向きな意見をいただき…

とても有意義な時間を過ごすことができました!
ツアーに向けてより一層がんばっていかなければ!

 
続いて、去年のツアーで
一日目の宿泊先となった“古滝屋”へ。
 

・・・の前に
温泉まんじゅうで腹ごしらえ(^^)

温泉まんじゅうと抹茶クリーム大福を食べました。
おいしそうに頬張るえりー。

 
少し立ち寄っただけでしたが、
私たちの活動にとても興味をいだいてくださった様子で、
話していた私たちまでとても楽しい気分になりました!


おまんじゅうも大福もとってもおいしかったです(^^)

 
そして古滝屋さんへ。


若旦那の里見さん(左)と
哲朗(右奥)、えりー(右手前)です。

いわき市で旅館を営むだけでなく、

NPO法人や被災地スタディツアーといった活動に
積極的に参加していらっしゃる方で、
そういった経験も含めてお話くださいました。


そして、ご厚意で温泉に入れてくださいました(^^)



温泉にも入れたのでもうひとがんばり!

ということで四倉港へいってきました。


「道の駅よつくら港」は
行った時間が遅かったため閉まっていましたが…


海を近くで見て、
津波で流された船が山積みになっている様子を見ると、
本当に海の怖さを感じました。

まだまだ震災と津波の爪痕が残るいわき市です。


2回目の下見は以上です!

今回も前回と同様に
いわき市を縦横無尽に駆け巡ってきました。
 

福島に帰ってきてから思うことは、

去年のツアーがあっての今年があって、

これからもこの関係を大切にしていきたいということ。

「継続していわきという地に関わっていきたい」

そう思った第二回現地リサーチでした!


以上、
下見大臣(笑)のまなみんでした(^^)

  • 2013.06.14 Friday
  • 21:21

-

スポンサーサイト

  • 2014.07.10 Thursday
  • 21:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment