Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

-

【スタ☆ふく勉強会】第4回:広報とはなにか?

 
こんにちは!ひーはるです!
大学生らしくテストに向けて忙しい日々を送っております
レポートが終わりません…誰か書いて!!(笑)


先週の水曜日に
スタ☆ふく第4回勉強会「広報とはなにか?」
が開催されました!




主催者、一輝さん!


今回から、スタ☆ふくスタッフじゃなくても
参加できるようになった勉強会!
学内の外部団体からの人もチラホラ(*^。^*)

講師は株式会社コンセプト・ヴィレッジ
代表の馬場大治さんです!



イケメンですね〜(*^_^*)

馬場さんの会社は「福島」×「東京」の
架け橋となる広告会社(^o^)

つまり、広報のプロなのです!


講演は、広報の基礎知識を学んだり、
「デザイン思考」について考える作業があったりと
とても面白く、ためになるものでした!


スタ☆ふく広報部のわたしは
とても勉強になりました〜\(^o^)/


作業時間では3〜4人のグループに分かれて
コピーライティングを一緒に考えました!




テーマは「古本屋に若者を呼ぶには?」

良いコピーは人々の生活がちょっとよくなる解決策を
提示するものなのだそう…


これがなかなか難しい!
どのグループも苦戦していました(*_*)


また、「コカ・コーラの若者の飲用頻度促進」
もテーマに、考える作業もありました


高校生がどうすればコーラを飲んでくれるのか…
必死に高校生だった頃の記憶を掘り返し(笑)
2年前なのに遙か昔のことのようでした(笑)




ラベルを合わせ絵にしてみる、とか
LINEのスタンプを付録する、とか
高校生のニーズに合わせたPRを考えました!


ツアーの募集も始まった現在ですが、
ぜひ参考にしていきたいと思える勉強会だったのでした(^o^)


さてさてスタ☆ふく夏のツアー
いわきと二本松は参加者大募集中ですよ!

以下に詳細を載せますが、
さらに気になった方はスタ☆ふく公式HPも要チェックです!!!


***************************************

【こんな方にオススメ!いわきツアー!】
*東日本大震災後の福島の現状や変化を知りたい方
*地域活性化に興味・関心がある方
*福島の漁業に関心がある方

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

福島を感じて考えるスタディ―ツアー「スタ☆ふく」
〜水産漁業ツアー2013「“3年目”の夏、福島の漁師の今」〜
…………………………………………………………………

企  画:スタ☆ふくプロジェクト
企画実施:福島交通観光株式会社

催行日時:8月24(土)〜25日(日)
対  象:主に福島県内外の学生、社会人
募集人数:38名(最少催行人数:30名)
募集締切:8月2日(金)
旅行代金:¥16800
協  力:いわき地区船曳網漁業連絡協議会、丸貞蒲鉾合資会社

お申込み:福島交通観光のウェブ予約ぺージ
     またはお電話でお申し込みいただけます
     TEL:024-531-8950
     URL:http://sutahuku.jimdo.com/
問合わせ:kan.y906@gmail.com(横山)
     suta.fuku@gmail.com (団体)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【本企画の背景】
「福島を実際に見て体験することで、福島に対する関心を深めてほしい」
弊団体は2012年4月から県内各地で体験型スタディーツアーを企画しています。
これまで、県内3地域で4度のツアーを実施し、計102名の参加者を動員、
ツアー実施後のアンケートでは満足度約98%という評価を頂きました。
震災から約2年半が経過した現在でもなお放射線や風評被害の問題はありますが、
開催地域の人々からは継続的なツアーの実施を求める声が多く聞かれます。
前を向き活動する地域の方々の想いや声に触れることで、
福島の現状や変化を皆様に知って頂きたく、今夏もいわきにて企画しました。

【本企画の目的】
・震災復興に関心がある人が、実際に被災地を訪れるきっかけになること。
・参加者の意識の変化。(福島への印象の具現化・関心の高度化)
・震災後の福島の人々の復興への取り組みの周知。
・現地の活性を促す様なアイディアの創出。
・福島に対する風評被害の払拭。

【実施行程】
<一日目>
行政職員による講演、漁船乗船体験、ロープワーク、海鮮バーベキュー
<二日目>
薄磯海岸見学 、かまぼこ工場見学、ワークショップ
※雨天時変更あり

【内容】
2012年の夏に第1回目のツアーとして水産漁業ツアーを行いました。
そして、2回目となる今回は、前回以上に漁師に密着・交流するプログラムを
多く設けており、地元の人々のリアルな声や想いに触れることによって、
現状や課題を肌で感じることが出来る内容となっております。
いわき市は、震災後2年半に渡って『自粛』を続けてきた近海での漁を
9月1日に再開します。8月末に行う今回のツアーは、9月の大きな変化へむけて
水産漁業関係者の想いに触れる大きな機会となります。
今だからこそ聞くことができる話や、乗船体験やかまぼこ工場見学など
普段できない経験もみどころです。

****************************************

【こんな方にオススメ!二本松ツアー!】
*東日本大震災後の福島の現状や変化を知りたい方
*地域活性化に興味・関心がある方
*福島の農業・まちづくりに関心がある方

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

福島を感じて考えるスタディ―ツアー「スタ☆ふく」
〜まちづくりツアー2013「“結(ゆい)”でつながる東和の『和』」〜
…………………………………………………………………

企  画:スタ☆ふくプロジェクト
企画実施:福島交通観光株式会社

催行日時:9月7(土)〜8日(日)
催行場所:福島県二本松市東和地区
対  象:主に福島県内外の学生、社会人
募集人数:40名(最少催行人数:25名)
募集締切:8月14日(水)
旅行代金:二本松発 ¥19500 東京発 ¥22000

協  力:あぶくま農と暮らし塾、ふるさとネットワークTOWA、
     ハーモニー、ふくしま農家の夢ワイン、ゆうきの里東和、
     ふるさとづくり協議会

お申込み:福島交通観光のウェブ予約ぺージ
     またはお電話でお申し込みいただけます
     TEL:024-531-8950
     URL:http://sutahuku.jimdo.com/
問合わせ:m.02t.t7a0.y@gmail.com(山川)
     suta.fuku@gmail.com (団体)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【本企画の背景】
「福島を実際に見て体験することで、福島に対する関心を深めてほしい」
弊団体は2012年4月から県内各地で体験型スタディーツアーを企画しています。
これまで、県内3地域で4度のツアーを実施し、計102名の参加者を動員、
ツアー実施後のアンケートでは満足度約98%という評価を頂きました。
震災から約2年半が経過した現在でもなお放射線や風評被害の問題はありますが、
開催地域の人々からは継続的なツアーの実施を求める声が多く聞かれます。
前を向き活動する地域の方々の想いや声に触れることで、
福島の現状や変化を皆様に知って頂きたく、今夏も二本松にて企画しました。

【本企画の目的】
・震災復興に関心がある人が、実際に被災地を訪れるきっかけになること。
・参加者の意識の変化。(福島への印象の具現化・関心の高度化)
・震災後の福島の人々の復興への取り組みの周知。
・現地の活性を促す様なアイディアの創出。
・福島に対する風評被害の払拭。

【実施行程】
<一日目>
東和の取り組みについての講演、コットン・野菜収穫体験、
福島県農家の夢ワイン工房見学、懇親会、農家民泊
<二日目>
分科会「もっと知りたい東和!」、郷土料理づくり、ワークショップ
※雨天時変更あり

【内容】
これまでのツアーでは震災後の二本松の様子を地域の特色である
農業や地域文化、人々の取り組みに焦点を当てながらお伝えしてきました。

そして2013年夏。震災がこの地区に大きな影響を与えている事実はありますが、
この土地本来の魅力やこれからの東和の未来を、そして福島の未来を
考えていけるようなツアーを震災から3年目の夏に企画させていただきました。

今回のツアーでは地域の方との多くの触れ合い、野菜の収穫体験や民泊体験、
そして新しい農業や地域の魅せ方として設立されたワイナリー工場の見学や
地域のグリーンツーリズムに密着しながら、この土地の魅力を
たっぷり感じていただきたいと思っております。

見て・聞いて・触れて・考える。
全コンテンツの最後に行うワークショップでは多くの気づきや発見が
地域にとっても参加者にとっても生み出されるようなツアーとなっております。

  • 2013.07.15 Monday
  • 23:33

-

スポンサーサイト

  • 2014.07.10 Thursday
  • 23:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment