-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

-

スタ☆ふくバレンタイン申し込みせまる!

 Buenas tardes!! トマトですヽ(^o^)丿

スペイン語のテストもすっかり終わってすっきりしている私ですが・・
またまた重大なお知らせがあります。
実は・・・スタ☆ふくバレンタイン♡の申し込み締め切りまであと3日となりました!!!

今、ブログを読んでいるあなた!もう申し込みはされましたか?

今回はスタ☆ふくバレンタインってどんなことをするの?と思っているあなたのために、当日の見どころやおすすめポイントを紹介していきます♪

今回のブログで紹介するのは、トークセッション!
テーマは「福島×学生」
ツアーに協力してくれた地域の方や観光に携わる社会人、ツアーに参加してくれた大学生、スタッフを交えてのトークセッション!
どうしてスタ☆ふくと共同企画するの?ツアーを行うことで起こる変化って?
大学生にできることってあるのかな?福島に生きる私たち、学生ってこれからどうしていけばいいいのか・・などなどたくさんのことを聞いていきたいと思います!

大学生が一歩踏み出すようなきっかけになればと思っています。等身大の私たちができることを一緒に考えてみませんか?

何かしたいけれど踏み出せない!
おもしろいことがないかな・・
充実した大学生活を送りたいな!

そう思っているあなたにピッタリのスタ☆ふくバレンタイン!
みんな誘ってきて下さい!今ならお友達を誘ってきたらチョコプレゼント!

他にも素敵な企画がもりだくさん!
ぜひお見逃しなく!

申し込みはコチラ
  • 2013.02.12 Tuesday
  • 17:25

-

スタ☆ふくバレンタインやっちゃいますよ〜(V)o¥o(V)

 こんにちは。Tomatoです。

重大なご報告があります・・
この度、な、な、なんとスタ☆ふくバレンタイン開催決定いたしました!!
冬の二本松ツアーも含めたスタ☆ふく報告会です!
ぱちぱちぱちヽ(^o^)丿


どんな人に来てほしいのかというと・・!

スタ☆ふくってどんな団体なの?
何かやりたいけど、一歩踏み出せないなあ。
福島のことをもっと知りたい!
友達増やしたいな。
いろんなことをもっと知りたい!
企画をやってみたい!地域や観光に興味がある!

そんな風に思っているあなた!ぜひぜひ友達を誘ってお越しくださいませ!たくさんの気づきと楽しさに出会える会となっております♪

さらにさらに!!!!
今年のバレンタインは楽しいものにしたいよ・・ORZ
テストテストの抑圧された日々・・やっと終わったZ!!ぱーっとやりたいZ!!
あー寒さが身に染みるよ、金谷川・・
素敵なぱーりないが大好きだYO!!
てかてかスタ☆ふくに綾瀬はるかがおるって本当なん?!

って思っているそこのアナタ!スタ☆ふくに来れば寒い夜をホットに演出!素敵で、楽しくて、綾瀬はるかな、時間を一緒に過ごしましょう!スタッフが素敵なバレンタインをお届けします♡

もうみんな行きたくってしょうがない感じでしょう!てことで気になる詳細はコチラ!!
・日時:2月17日(日)18:00〜21:00
・場所:とんかつDining&ChotBar agato
・参加費:2500円
・定員:45名
・プログラム(予定)
   スタふくとは?【団体紹介】
   すてきなゲストによるトークセッション
   食事しながら自由に語らい【懇親会】

お申込みはこちらから!



素敵な報告会になるようにスタッフみんなで頑張っています。
今ではミーティングは週に何度も開き、企画を練っております。新メンバーの1年青木悠里たんの加入もあり嬉しい限りです。
スタ☆ふくの魅力を報告会ではどのよう伝えるか。学生として何ができるのか。
充実した企画になるように頑張ります!
スタ☆ふくのことをよく知らないってあなたも一緒に素敵なバレンタインを過ごしましょ♡



皆様お楽しみに!!



  • 2013.02.03 Sunday
  • 12:23

-

冬のスタ☆ふく二本松ツアー\(^o^)/ 2日目!

 トマトこと鈴木晴香です!
みなさま、遅ればせながらあけましておめでとうございます(^^♪
寒い日が続きますが、お元気でお過ごしですか?

昨日から福島大学では授業が始まりました!お正月のゆったりした時間からいつもの生活にもどるのはとてもつらい・・
でも授業にバイトにサークルにスタ☆ふくに!楽しい毎日がまた始まります♪

さて、昨年はスタ☆ふくにとって始まりの年でした。夏に3つのツアーを行い、冬にもツアーを行うことができました。今年はさらに飛躍の1年となるよう、挑戦をしていきたいと思っておりますので、いっそうの応援をどうぞよろしくお願いいたします!


さてさて遅くなってしまいましたが!!
12月16日に行われた二本松ツアー2日目を振りかえっていきたいと思います!


二本松ツアー*2日目
この日スタッフは水竹さんのお宅に泊まりました。澄んだ空気がとても気持ちのよい朝。
とてたてたまごで作ってくださった朝食がとてもおいしい!
ゆったりと素敵な時間をが流れていた場所でした。水竹さんありがとうございました。


この日は隠岐津島神社の参宿所に集合です!みなさん、農家民泊先からいらしたのですが和気藹々と話をしながらやって来ました。聞いてみると、農家民泊先で地元の方や他の参加者とたくさん話せたそう。1日目とは雰囲気が変わり、自分の思いを積極的に話していました。



この日のプログラムはじめはしめ縄作り!教えて下さったのは地元のしめ縄作りの名人、草野友一さん。
冬になると農家の方は収穫した稲を使って、しめ縄を作ります。しかしなかなかこれが難しいんです!


大変・・!!


できた!!



一方、こちらでは地元の奥様方とスタッフ料理作りの準備をしてくれています。


参加者のみなさんと一緒におからコロッケづくりとお餅づくり♪




この後は茨城大学名誉教授、中島紀一先生による講和「今、阿武隈で農に生きる意味」を聞きました。自然と人と人とのつながり、個人の自立といったこの地域の良さが農業にもつながっている。また内からだけでなく外の視点を大事にし、地域の方と外部の方がつながり共にあゆんでいくことの強み。この地域の良さがより一層知れました。


みんな真剣に聞いています。


この後は先ほどつくったお料理をいただきました!
おもちにおからコロッケに柚子大根、イカ人参などなど♪


おいしいお料理をつくってくれた奥様方。説明してくれたのは武田みどりさん。


おいしい!


お腹いっぱいになった後は住民の方が主体となって企画したクリスマスコンサート♪
歌ってくれたのはAKBにも楽曲提供している成瀬英樹さん!
すてきな歌声です。


ライブの休憩時間では野菜スイーツとお茶をいただきました♪





最後はみんな立ち上がりました!とっても楽しい!


さて、ツアーも最後になりました。2日間で感じたことを振り返る時間です。
あなたが2日間で印象に残ったことは?
あなたが見つけた二本松のいいところって?


たくさんの意見が出されました。


この2日間は私たちが思っていたもの以上のことを参加者に感じてもらえたツアーになった
と感じました。初めて訪れた方もいる中で、真剣に東和について考えてくれるって本当にすごいことだなって。最後のまとめの時間は本当に濃い時間でした。参加者、地域の方に生まれた変化は確実にこれからにつながっていくと思います。

本当に2日間ありがとうございました。
またみなさんとツアーでお会いできることを楽しみにしています!

  • 2013.01.08 Tuesday
  • 12:04

-

冬のスタ☆ふく二本松ツアー\(^o^)/ 1日目!

 こんにちは!トマトですん(●^o^●)

お久しぶりです!
先日、12月15日(土)〜16日(日)は冬のスタ☆ふく「農に生きる“人”〜東和の暮らしにせまる!〜」ということで二本松でツアーが行われました!

もうね、ほんと楽しかった!!!
参加者も地域の方も、私たちスタッフもこのツアーに携わってくれた人たちみんなが一緒に素敵な時間を過ごせたなって感じています。

二本松の魅力に触れて参加者が二本松を「好き」になってくれたこと。
そしたらもっと「知り」たくなって、自分の問題として「考え」だすようになったこと。
地元の方がそこから得たもの。

すごく意義のあるツアーだったなって思います。





ではではみなさん!
そんなツアーを今から写真と一緒に振り返っていきたいと思いますん)^o^(

まずは1日目から!!

集合は二本松駅でした。参加者もスタッフもちょっぴり緊張気味。


この日のコンテンツは大七酒造からです!
まずは酒蔵見学。普段は決して見せてくれないんです\(◎o◎)/!冬は酒造りの真っ最中。
この日も職人さんたちが酒造りに励んでいました。あたりに漂う日本酒のいい香り♪


続いて社長さんとの座談会。大七では現代では珍しい「生もと造り」という手法を用いています。手間暇はかかるものの、その分とても上質なお酒ができます。その評価は海外でも高いそうです。また農業も盛んな二本松という地域は酒造りにとても適しているそうです。


つぎは待ちに待った試飲タイム♪私は未成年なので飲めなかったのですが、みなさん香りが違う!おいしい!と口々に言っていました。


この後は水竹さんという地元農家のお宅で、地域の方とのテーブルトークが行われました。
とても広くて素敵なおうちはまるで日本昔話にでてくるみたい。いろりもあるんですよ。

まずは二本松の「農」について「農家」と「グリーンツーリズム」の観点から関さんと武藤さんから話を聞きました。



その後はこの2つのテーマに関わる地域の方5人を参加者がそれぞれ囲み、二本松の現状、取り組み、想いなどを参加者からの質問を交えながらテーブルトークを行いました。


全体での共有。みなさんいろんなことが知れたみたい。


この後は懇親会!!
地域の方も交えながらいろんな方とたーくさんお話しできました!とっても楽しかった!!


おいしいお料理を作ってくれた地元のお母様方。






1日目の活動はここまで。参加者のみなさんは各農泊先に移動しました。そこでもいろんなお話が聞けたみたいです。

二本松ツアー2日目につづく!

  • 2012.12.22 Saturday
  • 13:05

-

北海道アルバイト情報誌HAJさん来福ヽ(^o^)丿&しおこのつぶやき。

 みなさん、おはようございます

12月5日
今朝、福島の気温は5.4℃
比較的暖かいかな〜なんて、思ってしまったしおこです(´・_・`)
東北人の慣れって怖いものがありますね!

さて、昨日ですが、北海道アルバイト情報者HAJ(http://www.haj.co.jp)から4名の方が、福島大学にお見えになり、スタ☆ふくメンバーと座談いたしました。

HAJでは、主に北海道で求人誌をつくりつつも、「北海道の若者を応援する」「北海道の地域社会に貢献する」を元に事業施策や、若い世代とネットワークをつくっています。
東日本大震災以降も、宮城県、岩手県への支援活動をしています。
被災地の小学校や仮説住宅のクラブ訪問を通して何かできないかを話を聞いて探っている状態ということです。

そうした活動の中で、福島にも踏み込みたいとのことで、はるばる北海道から話を聞きに来てくださいました。ありがとうございます。手土産に白い恋人頂きました〜。本当にありがとうございます。

さて、座談会の中では、福島県会津地域視察に行かれたそうで、その時の印象とまた此方の活動をお伝えしました。

会津は直接的な被害が見えないので、本当に震災があったのかな?と思ったそうです。だからこそ、役所や酒蔵で人々との対話を重ねる中で被害の申告さを感じるとか。

「スタ☆ふくのツアーは、その震災の影響どこまで入っていってるの?」との質問がありました。

正直、活動だからというより個人的に福島県民だから伝えられることがあり、ありのままを伝えないと、意味がないと思ってます。
だから、津波被災地やそこで産業を営む個人にまで接近したツアーをつくっています。
伝え方は様々だと思いますが、現地の人が許容する限り、また、協力してくれる限り、一つ一つ丁寧に汲み取る必要があるでしょう。それが、現地の様子を伝えられたという瞬間になり参加者がメディア外で自分で得た真の情報になる、心が動く瞬間になるのではないでしょうか。

なんて、思ったりしました。

「ツアーターゲットはどの層?参加者にはどうなって欲しいの?」との質問がありました。

ツアーターゲットは、県内の若者が此方の狙いたいところ。理由は、若者によるより良い福島の未来創造に貢献するため。若いうちに福島の現状をリアルに知っておくことが重要。また、感じたあとは、考えるっていうワークも入れてます。落とし込みの時間がほしいですよね。
でも、狙い通りの集客が出来ないのが現状。

「だとしたら何が原因かな?」

若者がなかなか参加できないのは値段じゃないところに原因がある。それは、なんとなく最近になって気づいてきました。

一切利益は出してないのは、事実です。
このツアー価格以上の価値があるのも事実です。それは、自慢でも何でもなくて、
ツアーの一つ一つのコンテンツ企画に担当者がどれほどの時間と想いを乗せているか、
それがターゲット層にきちんと伝えられているのだろうか?ツアーに行った後に、参加者にどんな変化があるのか?
付加価値を伝えきれてる?

自問自答しちゃってますが、
実は、スタ☆ふくメンバーの課題でもあるのです。

最後に、
広報は人間味を出して直接想いを語る。賛同してくれる人は、その後でついてくるよ。あと、学生らしさを全面にがむしゃらさを出さないと、大人も構えちゃうよ!
支援したい想いを持った個人やかいしゃなんて沢山いるよ。

って、真っ当なアドバイスを頂きました。

繰り返しますが、メンバーの課題でもあり、わたしの個人の課題でもあるのです。

そんなこんなで、北海道からわざわざきてくださったHAJ社員の皆様大変お世話になりました。
此方が逆に学びを得ることができました!

二本松ツアーまで、あと、10日!

以上しおこでした!

  • 2012.12.05 Wednesday
  • 12:59

-

二本松ツアー申込締め切りまであと1日ですよ\(◎o◎)/

 こんばんは!トマトです!

みなさーーーーん!!!
なんと!!なんと!!!二本松ツアー申込締め切りが明日に迫ってきました!!!

今日もスタッフは談話室で最後の追い込みをしております!!申し込み締め切りは明日ですがまだ人数に余裕があります!


今回の二本松ツアー、福島のことを知ってもらいたい、好きになってもらいたいというほんとに素敵なツアーなんです。


そしてそして今回のツアーは内容が盛りだくさん(^^♪



「福島の農業って今どうなっているの?」

実際に、農家の方から二本松の農業についてお話しをうかがい、震災後の農業の様子と二本松の農業の魅力にせまっていきます。当日は農家民泊なのでいろんなお話が聞けます!


「二本松の文化と暮らしに触れる!」

「農」とむすびついている二本松の文化と暮らしについてもふれていきます!伝統ある酒造(当日は試飲できる!)に行ったり、しめ縄・郷土料理づくりをしたりしますよ!


「一足早いクリスマス&お正月!」
クリスマスコンサート開催します!演奏してくれるのは成瀬英樹さんという・・・な、なんとAKBにも楽曲提供している方なんです!!お昼には郷土料理と一緒にお餅も食べてちょっと早いお正月とクリスマスを楽しんじゃいましょ!

なんだかおもしろそうなツアーじゃないですか?

今、ブログを読んでいるあ・な・た!
ご飯を食べているあ・な・た!
暇だなあというあ・な・た!
福島に携わりたいあ・な・た!

この冬、一緒に二本松の魅力にせまってみませんか?参加ぜひお待ちしております!(^^)!
申し込み締め切りは、明日11月30日です!!!!!!


ではではスタッフはもう少しがんばりまする<(`^´)>

  • 2012.11.29 Thursday
  • 20:38

-

【〆切間近!】冬のスタふく参加者大募集\(^o^)/


冬のスタふく 〜農に生きる"人" 東和の暮らしにせまる〜
 12月15日(土)〜16日(日) 

参加者大募集!!!【11月30日〆切】

申し込みは↓


ーーーーーーーーーーーーーー

どうもこんばんは。
スタ☆ふくメンバーのくまです。

今回は冬のスタ☆ふく
二本松ツアーのご紹介です★

今まで仲間たちが頑張って企画してきた
ツアーです!

二本松東和で今年の思い出作りをしてみては?


ーーーーーーーーーーーーー

福島の農業と聞いて、あなたは何を想像しますか?
放射能?風評被害?

二本松市東和地区は阿武隈高地の西側、福島第一原発のある浪江町のとなりに位置します。この地域は震災前から農業に力を入れてきました。新規就農者も少なくなく、その数は震災後も増えつつあります。農泊やグリーンツーリズム、酒造りなど、農業を中心に、地元の人の主体的な取り組みも積極的に行われてきました。
 震災後、人々はどんな想いで産業に関わり暮らしてきたのか。あなたの知らない福島がここにはあります。この冬、私たちと東和の魅力にせまってみませんか?

【こんな人におすすめ】
復興に携わりたい
もっと福島を知りたい、自分の知らない福島を知りたい
いろんな出会いがほしい
農家民泊をしたい
農業に興味がある
まちづくりに興味がある
福島で事業をしたい
何かしたい。そのきっかけを見つけたい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2012年12月15日(土)〜12月16日(日)
福島県二本松市
参加費:12600円(1日目夕食、2日目朝食、昼食、ツアー中の交通費、宿泊費、体験料込み)
定員:18名(最少催行人数12名)

日程

1日目
 12:30 二本松駅集合
 
 13:00 大七酒造見学

 16:00 東和の農家の方とのテーブルトーク

 17:30 交流会・夕食

 19:30 各農泊先へ

2日目
 9:00 しめなわづくり&郷土料理づくり
 
 11:00 講演:茨城大学農学部名誉教授中島紀一氏

 12:00 昼食:郷土料理
 
 13:00 成瀬英樹クリスマスコンサート
      休憩時間に野菜ソムリエのスイーツ

 15:30 振り返り、まとめ

 17:20 二本松駅着

【各企画詳細】
大七酒造見学
生もと造りで有名な大七酒造。米づくり、そして出稼ぎ労働と農業との関わりは意外と密接です。普段は見学を受け入れていないのですが、今回は特別に社長が出向いてお話してくださいます。なぜ二本松では酒造りが盛んなのか、震災後の取り組み、農業との密接な関わりなど深い話が聞けます。もちろん試飲もできますよ。

テーブルトーク
東和地区は震災前から有機農業に力を入れてきた地域です。新規就農者も少なくなくありません。農家の方が、震災後どんな想いで農業をしてきたのか。他では聞けない生の声を聞くことができます。

しめ縄づくり&郷土料理
農家の冬の仕事しめ縄づくり。今回は地元の方をお呼びして作り方をレクチャーしてもらいます。郷土料理づくりでは、イカ人参、もち、おからコロッケを作ります。

講演
茨城大学農学部名誉教授の中島先生は有機農業を研究しており、震災前から東和の農業に関わってきました。農業の専門家の立場から東和の農業についてお話してくださいます。

成瀬英樹クリスマスコンサート
地元の方の主催のコンサートです。成瀬さんはAKB48のBINGOなど数多くの楽曲を制作してきた方です。ちょっと早いクリスマスを東和の地元の方と一緒に楽しみましょう。休憩時間には地元の野菜ソムリエによる野菜スイーツも提供されます。

【本企画のポイント】
二本松の盛り上げを地元の大学生や若者が支え、ともにつくること
地域と交流し、普段ふれあえない文化に触れ、参加者に福島の良さを知って楽しんでもらうことで、将来を担う若者が地域とつながるきっかけをつくること。
参加者に二本松を好きになりもう一度来たいと思ってもらうことで、今後の二本松の発展に寄与するということ。


【参加方法】
共同企画:JASP(全国学生プロジェクト)福島支部
※ホームページhttp://sutahuku.jimdo.com/


  • 2012.11.28 Wednesday
  • 23:06

-

冬のスタ☆ふく【二本松ツアー】水竹さんのお宅に行ってきましたお。

こんばんは。はじめまして(^o^)
スタ☆ふく新メンバー1年のえりー(吉田江里)です!
伊藤とトマトと共に今回の二本松ツアーを担当しています。


ブログ書くのは初めてで、緊張していますが、よろしくおねがいします!


ではさっそく、先日行ってきた下見について報告したいと思います♪

今回下見に行ったのは、今回ツアーでご協力いただく、
二本松東和で農家民宿をされている水竹さんのお宅。

もともと庄屋だった古民家をリフォームした、とーっても大きいお宅です!





中も、土間に囲炉裏に…(・o・)!今ではなかなか見られない家だと思います!
私もこのようなお宅にお邪魔させていただいたのは初めてだったので興味津々でした!

お話を聞かせていただきました。



水竹さんは10年前、埼玉から東和地区に移住された方です。

田舎暮らしにあこがれ、広い土地をもちたい、広い場所、自然のなかで暮らしたいという長年の夢からの決心だったそうです。



今は会社勤めをしながら、土日に農作業をしています。
また、陶芸も趣味で、家の中には陶芸窯もあります(・o・)!!




水竹さんご夫婦(^o^)
とても仲がよさそうでした。



移り住んできた当時のことや野菜作りのことなどを中心にいろいろな話をきくことができ、東和での生活の魅力を垣間見れた気がしました!



水竹さんのお宅のあとは
農泊関係でお世話になっている引地さんのお宅で打ち合わせを行いました。


打ち合わせの後、豚汁とサラダをごちそうしてくださいました(^^)
野菜たっぷりでとてもおいしかったです!








今回、実際に現地の方とお話しすることで、
あらためて二本松の人のあたたかさや農業の魅力について触れることができました!

そういったことを存分に伝えられるようなツアーができればいいな〜と思います♪



以上下見報告でした(^o^)

  • 2012.11.15 Thursday
  • 21:20

-

冬のスタ☆ふく【二本松ツアー】 大七酒造下見報告だお。

 








今回、二本松ツアーの下見で訪れたのは市にある大七酒造(1752年創業)です。



歴史ある城下町に需要がある酒造りの現場




見学前に震災前後の大七酒造の簡単な紹介をしたいと思います。


.................................................................................................................


大七酒造



この時代に稀少な生酛(きもと)という醸造法を使って全量の酒造りの伝統を10世代に渡り守り続けている。

 

震災時は、日ごろの防災訓練・設備おかげで震災後は製造再開の体制をすぐ整えることができたが、交通の寸断・ガソリン不足で営業に支障をきたす。また、風評被害により伸び率の高いアジア各国で輸入制限がなされるなどの風評被害も受けた。

 

しかし、アメリカを中心にヨーロッパでは近年、日本酒の名称や熟年度数による差異化が進むほど海外マーケットで広がりを見せ、日本酒に関心を持つ人が増加している。

 

国内マーケットでは、東京スカイツリーオープンに合わせ、ボトルをスカイツリーにメージしたオリジナル商品を含め大七自慢の日本酒三商品を販売。海外の販路拡大に加え、震災復興を目指す福島の酒としてアピールする役割を担う。

 

また、蔵元と地元二本松市民、農産物生産者にとって相互に直接的な意見交換会の場を設けるという目的で交流事業となるような「二本松・食の交流」イベントを主催するなど地元への貢献というところも忘れていない。

 

....................................................................................................................

震災後だからこそ伸びるマーケティングを探りつつ、福島のイメージリーダーの役割も担いながら醸造される大七酒造自慢の日本酒、、、、



ということで今回は社員さん引率の基、製造元に潜入し醸造の現場を見学してきました〜。





白衣を着ての潜入で顔は見えにくいですが、、、

二本松ツアー担当で、まさかのここにきてビール好きな伊藤と

まだ未成年の詩音が潜入します。

 

 



ちなみに白衣着用は、見学する際は必須ですよみなさん。

あ、ちなみに蔵に入る前には納豆は禁止です。麹菌より納豆菌の増殖スピードが速く、蔵の微生物環境を汚染してしまうからです。


 ここでは洗米した米を蒸します。蒸し上がりにこだわって伝統的な和釜を使用しています。




米の測定機です。結果はND(基準値以下)。きちんと安全性が証明されています。






商品棚。熟成され深い味がでてきた種類も豊富な日本酒たちがとてもきれいにディスプレイされています。実はこれ、冷蔵庫だったりします。






さてさてお楽しみの試飲体験です。味と香りを引き出すグラスでリッチに味やにおいの違いを堪能します。





とりあえず、こんな感じでした。他にも醸造関連施設は秘蔵のものが多々あったりです。

雪が降り寒冷期に入る冬の時期は農家さんのお仕事がストップします。

冬の収入を得るために、蔵に農家さんが出稼ぎにきます。

また、酒造りは秋に収穫したあとの米から作るので、これから冬の時期はとても忙しいのです。



そんな忙しい時期に施設案内してくださった奥田さん、斎藤さんどうもありがとうございました。







  • 2012.11.05 Monday
  • 20:56

-

冬のスタ☆ふく 【二本松ツアー】 下見にいってきましたお(゜o゜)

   


こんばんわ〜

スタ☆ふく新メンバー福島大学1年のトマト(鈴木晴香)ですお✿


今日は   冬のスタ☆ふく 【二本松ツアー】 開  催    にあたり

メンバ4人と二本松に下見に行ってきましたあ。



さっそく、今回下見にいった場所を紹介していきま〜す。


 

 

最初に訪れたのは「二本松市和紙伝承館」です。

ここでは和紙の手漉き体験や、和紙を使ったオリジナル工芸品をつくることができます。

和紙アイスなるものも売っていました。

結局、エリーとCJさんが和紙アイスに挑戦。味見してみたらなかなかおいしかったです(^o^)
せっかくCJさんにアイスを買ってもらったのに寒い寒いと言いっぱなしの伊藤さん()

あ、ちなみに上の写真新しくスタ☆ふくメンバーとなったわたしとエリーですお。


続いて行ったのは奥の松酒造さん。

スタッフの方に今の工場の様子や震災時のお話を聞いたりしました。ほんとうにいろんなお酒がありました。伊藤さん、試飲してますね。日本酒のスパークリングらしいです。

 

東和から1番近いらしいのですが、道のりはなかなか遠く、秘湯な感じ。でも、周りの自然はとてもすばらしかったです。

川も流れてるんです。

 

この日、最後に訪れたのは農産物直売所の「さくらの郷」。ここのピザ工房ではピザ作り体験ができます

そしたら、なんと焼きたてピザ、ごちそうしてくれました(^^)/うーー!!おいしい!ピザソースの代わりに塗ってあるお味噌のコクとじゃがいもがマッチしていて、とーってもおいしいのです。大満足の4人です

こんな感じで焼いていきます(^_^)どちらもおいしそう。工房の中は石窯のおかげで暖かかったのですが、ピザのおいしさでより一層体も心も温かくなりました


てことで、私たちの下見もここらへんで終わりとなりました。CJさんお疲れ様でした!ほんとうに1日運転ありがとうございました(^o^)

 

 

あっという間に時間がたっていた1日でした。実際に地元の方とお話してみると違うものですね。なぜ、二本松でピザ?とはじめは思っていたけれど、

 

地元の方のお話を聞いてはじめてその思いを知りました。

 

「若い人にも足を運んでもらえる地域を目指している。この先どのくらいかかるかわからないけれど、二本松といったらピザくらいの地域の特産にしていきたい。そのためにも多くの方に足を運んで地の野菜を使ったピザを味わってほしい。」

 

実際に訪れると色んな発見があるなと改めて感じました。まだまだわからないことも多いですが、これから精一杯がんばっていきます(*^_^*)

 

以上、二本松での下見の報告でしたー(^^)/



  • 2012.10.25 Thursday
  • 21:07